欲求!  

ここのところ忙しくて、ちょっとご無沙汰してしまいました!忙しさにかまけていると、漢字のように「心」を「亡」くしてしまいますから用心しなきゃね!毎日毎日、何かに突き動かされているような、自分でも「何かエスカレーターに乗っているみたいに」動いています。何なの~って。
ところで、アブラハム・H・マズローっていう人ご存知?アメリカの心理学者(故人)で「欲求の五段階」説を唱えた人なんだ。これは現代の経営、マーケティングの分野でも用いられている定説。人間の欲求には五段階があって、食べたい、寝たい、したい、お金ほしいなどというのが生理的な欲求といって第一段階。ところがそれだけでは実際、私たちは満足しない。明日も同じことが出来たらいいな~とか、人に盗られちゃいやだなとかいう欲求が出てくる、これを安全の欲求といって第二段階。しかし、これだけではつまらない、次に起こってくるのが、仲間がほしい、家族がほしいという欲求、それを所属の欲求といって第三段階。ただ仲間が居ればよい、家族が居ればよい、恋人が居ればよいというわけには行かない、愛し愛されたい、重要な存在に思われたいと。これを愛情と自尊の欲求(自我の欲求)しかしまだまだ欲求は尽きない。
次の第五段階こそが、「生きがい」つまり、自己実現の欲求という第五段階の欲求といって、苦しくても辛くても、この生きがいさえあれば何のそのという境地になる、これが生きがいの正体、自己実現というものなのだそうです。ふ~ん、なるほど~と思いませんか?

category: 未分類

thread: それなりにがんばってんだよ - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

あなたの生きがいは?  

もう11月になってしまいましたね~。この歳になって、また一段と月日が過ぎていくのを早く感じてしまうようになりました。毎日、仏前に座って、「ああ有難や、まれに人身を得、たまたま仏法にあえり」という讃文を心に思う時、本当にそのように思えているのかな~と反省かつ確認をしてしまいます。簡単に言えば、「生きがい」があるのかな?自分の「生きがい」は?「どうして生きているの?」「何のために?」
そういう風に問い詰められたとしたなら、一言で答えられるのだろうか?顕証寺さまの墓苑には、老いも若きもそれぞれ故人の供養に訪い(弔い)にと毎日、誰かしらが墓参をされている。「家族が」「主人が」「子供が」生きがいだった・・・。という人もいるだろう。生あるものはやがて死を迎えなくてはならない。だから生きているときには「生きる意味」や「生きている証」そして「生きがい」を求めるのだろう。このブログを呼んでいる皆さんの「生きがい」について聞かせていただけたら嬉しいな~。次回は、子ボンちゃんの「生きがい」「生き様」「日々のつぶやき」などを載せていきます。

category: 未分類

thread: つれづれ日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター