スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

七里ガ浜納涼祭2012/8/4・5  

七里ガ浜町内会 盆踊り&納涼の夕べ

2012年8月4日・5日に七里ガ浜町内会で納涼祭が行われました。
今年は顕証寺御住職が、町内の組長になられてて、そのご縁で参加させて頂きました♪

浴衣姿の御住職が受付をされていました(・∀・)/
御住職受付される

七里ガ浜高校吹奏楽部による演奏♪
七里ガ浜高校吹奏楽部

みんなの注目を浴びながらノリノリ♪゚*。d(d∀゚)(゚∀b)b。*゚
ノリノリ

今年は、東日本大震災被災地 宮城県「七ヶ浜汐見太鼓」の皆様の和太鼓の披露がありました。
とても迫力のある和太鼓に圧倒されました♪
また、顕証寺は七ヶ浜汐見太鼓の皆様の宿泊先となっており、納涼祭終了後、御住職と夜中まで飲み明かされたとか・・・(笑)

七ヶ浜汐見太鼓1

七ヶ浜汐見太鼓2

七ヶ浜汐見太鼓3

七ヶ浜汐見太鼓 フラ


ここで顕証寺報に御住職のお言葉がありましたので掲載します。

 昨年の東日本大震災で、三月下旬に物資運搬、お寺の修繕活動に趣き、トンカチトンカチと小槌を持って臨みましたが、元来「お数珠」より重たいものを持ったことがない(笑)小僧にとって、何とも頼りない一人となった訳ですが、町内の約三十名の男性たちは猛暑の中、夕方四時過ぎまで掛かって舞台を作り上げました。以前から町内にある、現在は日本全国に知られている「ビルズ」を建てていた建築士が、その舞台を見て、本格的な一般建築に劣らない手法でやっていると褒められたそうです。私はお昼から御講があったものですから一旦抜けて、御講から帰ってから冷たいものを持って皆に振舞って、最後の片付けを手伝いました。久々にテントを解体したり、かつてはご信者さんと一緒に御会式前日にテントを建てたことを思い出しました。それにしても、町内の男性陣もよく働き、女性たちも会館を何度も往復して、昼食やおやつ、飲み物の供給をしてくれました。

 かつて、欧米に比べて、日本人の地域貢献度は低いと言われてきました。定年退職を期に、地域の活動に参加するようになるのですが、大概は、以前は何処に勤めて、何の役をやっていたかという自慢話をする人が大半で、肉体労働や奉仕ではなく、いわゆる「肩書き」欲しさのもので、会長職などを目当てにする人がいるというような話を聞いたことがあります。

 今回の町内の男性達は、実に年齢も様々。会長さん御自身もまだまだお仕事現役で、若い方も随分おりました。頼もしい限りです。また、町内では被災地の宮城県宮城郡七ヶ浜町に昨年五月から毎月ボランティアを募り、ガレキ撤去や津波で流された家財を収集したりと地道な作業をされてこられたとのこと。「七里ガ浜」と「七ヶ浜」は名前も地形も似ているという因縁でお付き合いが始まり、今回はひょんなことで、七ヶ浜の和太鼓チームが納涼の夕べに参加することになり、顕証寺を宿舎に提供させていただきました。こちらも若い方々が多いようで、共に地域活動を振興し、そして一刻も早い復興を遂げるよう協力して行きたいと思います。
顕証寺住職・信清宏章 筆

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobonchan.blog123.fc2.com/tb.php/103-0ed1635b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。