追憶のひととき 法話編  

『追憶のひととき・夕べ』法話編


7/20(月・祝)開催の『追憶のひととき・夕べ』
お蔭さまをもちまして、多数の申込みがありました。
まだ、随時募集をしておりますので奮ってご参加下さい。

ところで、昨年ご好評頂きました『追憶のひととき・夕べ』の法話が決定致しました!

御講師のお話によると・・・
本木 雅弘、広末 涼子主演の第81回米国アカデミー賞外国語映画賞部門受賞作品
『おくりびと』のお話をされるそうです。

私はまだ、『おくりびと』の映画を観てないので
これから急いで観ようと思います(゚∀゚ ;)

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

コメント

楽しみ~

こんばんは!
「おくりびと」観ました。チェロ奏者としてオーケストラに入っていた新婚早々の主人公が、突然の解散で職と夢を失い、故郷の山形へ帰るのですが、そこで再就職を・・・。それが何と「葬儀屋」ならぬ「納棺」の儀式を専らにする仕事だったのです。戸惑いを感じながら、「死」や「人の生き様」等を仕事を通じて経験していくお話。なかなか、考えさせられる映画でした。
その中で、遺体を扱う仕事に対する嫌悪感や周囲の偏見、差別などさらりと、そしてなかなか表現できない問題に取り組んでおられると思いました。今年のハリウッドでのアカデミー賞外国語部門を受賞したというのも、今までの日本映画では取り扱えなかった事柄だけに、よくぞ受賞したなと感慨無量です。
 さて、今年の法話がそれに因んだものということで、楽しみにさせていただきます。

くんくん #2L1SwTNc | URL
2009/06/04 17:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobonchan.blog123.fc2.com/tb.php/11-d194022d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター