スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

春のお彼岸  

7f9a4ceddb891c72.jpg imageCAHD44SO.jpg

 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、だんだん寒さも和らぎ、春の香りが漂ってきそうな季節になりました。

 お彼岸といえば、お墓参り。顕証寺墓苑は、日々熱心な墓参者が多く、御先祖さまもお幸せのことと拝察して居ります。

 彼岸とは此岸(しがん)に対する語で、かのきし、このきしとも詠みます。あの世、この世を表す言葉でもあります。
 
 生死の隔たりの象徴として「三途の川」がありますが、仏教ではこの岸(娑婆、私達の住む現世)は迷いの世界、かの岸(死後あの世の世界、浄土)を悟りの世界と見立てて、「到彼岸」といって悟りの境地に至るには菩薩の六度行を修めなければならないと一般に言われています。
 
 ちょうど中日が季節上、春分秋分といった一日の昼夜が半分になることと、中道思想とが相俟って出来た期間、行事が「お彼岸」なのです。いわば、此岸から彼岸に渡るようにと努める修養週間を「お彼岸」というのです。

 お中日前後の3日ずつと計七日一週間の期間に、施し(布施行)・慎む(忍辱行)・我慢する(持戒行)・はげむ(精進行)・心をしずめる(禅定行)智慧をみがく(智慧行)の菩薩の六度行の修養修行を行うのです。それらによって、生ける物も亡者も到彼岸という悟りに至る事が出来るとされているのです。

 お墓参りに止まらず、先祖を偲ぶ期間に 「 心の修養 」 をして、真の生き方を実践しましょう!

佛立開導日扇聖人の教え歌に・・・

かのきし(岸)にわたす御法(みのり)の舟歌は
きく(聞く)もいさまし(勇まし)南無妙法蓮華経

20070921.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobonchan.blog123.fc2.com/tb.php/57-1b71e898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。